【2014年6月22日】 只見町 の ヒメサユリ 自生地 訪問 (June 22, 2014: Habitats of Lilium rubellum at Tadami Town, Fukushima Pref.)

本日は、只見町 の ブナセンター 主催の、ヒメサユリ 自生地の自然観察会に参加しました。 プナセンター を出発し、百合平 (ゆりだいら)と、入叶津 (いりかなつ)の2箇所です。
Today I attended nature watch event of visiting habitats of Lilium rubellum at Tadami Town. We started from Beech Center of Tadami Town and visited two habitats; Yuridaira and Irikanatsu.

場所と経路は、下の地図を参照。(経路は、GPSログデータによります。但し、今回データ誤りあり、修正しました。)
The location and the actual route were shown in the map below. (The route data were from GPS log data. This time I found some errors in GPS data and I corrected the route in the map.)
20140622只見町ヒメサユリ (560x417)

P6225303 (560x420)

P6225304 (560x418)
最初に、ブナセンター 内、ただみ・ブナと川のミュージアム の、ヒメサユリ の自生地の説明を紹介します。
First, explanation panel in the museum of Beech Center regarding Lilium rubellum distribution at Tadami Town was shown above.

最初に行った、百合平 (ゆりだいら)は、只見駅 から徒歩で、20分位のところにあります。自生地ですが、人が、年に1-2度、下草刈りをします。
The first habitat Yuridaira was located about 20 minutes' walk from JR Tadami Station. It was a real habitat; however men and women remove grasses once or twice a year at Yuridaira.

P6225314 (560x420)

P6225312 (560x420)
現在、花はほぼ終わり、ごくわずか残っている状態でした。写真は、観察会の様子と、残っている一例です。 (只見町 百合平 ヒメサユリ 2014/6/22)
Today flower bloom was almost over and only few of them were left. Above photos show the view at Yuridaira and flowers of Lilium rubellum.

雪食斜面 (560x347)

ヒメサユリ拡大 (560x367)
次に行ったのは、叶津川 沿いの、入叶津 (いりかなつ)です。ここは、写真のように、急斜面が雪崩(なだれ)により削られ、岩肌がでているところ(雪食斜面)で、人の手が全く入らない100%自生地です。川の対岸で、遠くから見るしかないが、拡大すると、いくつか咲いているのが、わかります。 (只見町 入叶津 ヒメサユリ 2014/6/22)
Next we went to habitat at Irikanatsu area along Kanatsu River. Here as shown above steep slopes had been scraped off by frequent snow slides. Human has nothing to do with these slopes thus these habitats are 100% wild. We could not get close to those Lilium rubellums since they were on the other side of the large river. However, when I magnified the view I could find several flowers of Lilium rubellum there.

P6225297 (560x420)
只見町 は、ツキノワグマ が多く生息しています。ミュージアムに剥製の展示がありました。
There live many black bears at Tadami Town. The museum displayed some stuffed bears.

P6225299 (280x209)

P6225298 (280x210)
また、只見町 で採集された、クワガタ の標本もありました。ヒメオオクワガタ (上)と、オオクワガタ (下)です。
I also found some specimens of stag beetles which were caught at Tadami Town.

【2014年6月8日】 西会津町 安座 の おとめゆり 自生地 (June 8, 2014: Wild Lilium rubellum at Nishiaizu Town, Fukushima Pref.)

本日は、西会津町 安座 (あざ)地区の おとめゆり 自生地を訪ねました。つゆで、天候が不安定のため、鉄道で、磐越西線の 野沢駅 まで行き、そこから約7kmの徒歩です。
Today I visited natural habitat of Lilium rubellum (a kind of lily with pink flower) at Aza area of Nishiaizu Town. Since the weather was rainy I took Ban-etsu West Line train to Nozawa Station and then walked about 7km to the spot.

場所と 野沢駅 からの経路は、下の地図を参照。(経路は、GPSログデータによります。)
The location and the actual route from Nozawa Station were shown in the map below. (The route data were from GPS log data.)
20140608西会津町安座 (560x417)

西会津町 では、ヒメサユリ のことを、おとめゆり と呼び、町の花に指定しています。 ヒメサユリ は、全国で、会津とその周辺にのみ自生するピンク色のユリです。環境省 の レッドリスト で、準絶滅危惧種 です。西会津町 の 安座 地区は、その代表的な自生地の1つです。
At Nishiaizu Town they call Lilium rubellum "Otomeyuri" which means a lily like a young girl and they have declared it the flower of the town. Lilium rubellum is a Japanese lily which only grows naturally within Aizu district and the surrounding area. Color of the flower is pink. Lilium rubellum has been listed as Near Threatened (NT) in the Red List of Ministry of Environment. Aza area of Nishiaizu Town is one of the major natural habitats of Lilium rubellum.

P6084809 (560x420)
写真は、磐越西線 野沢駅 です。西会津町 の中心にあります。ここからスタートです。
Above photo shows Nozawa Station of JR Ban-etsu East Line railroad. The station was located at the center of the town. I started to walk from here.

P6084812 (560x420)
道は、写真の新緑の 安座川 に沿って行きます。
The road went along Aza River surrounded by full of fresh green leaves as shown above.

P6084822 (560x420)
途中に、案内板がでてきます。場所は、地図の☆1です。
On the way I found a guide sign to the natural habitat of Otomeyuri. The location was red asterisk 1 in the map.

P6084843 (560x420)

P6084876 (560x420)
自生地に入ると、写真の階段を150段登り、その奥に、写真のように、開けたエリアにでます。 場所は、地図の☆2です。 ( 西会津町 安座 おとめゆり ヒメサユリ 2014/6/8)
Entering the natural habitat visitors had to climb up 150 steps as shown in the first photo, and then open field appeared as shown in the 2nd photo. The location was red asterisk 2 in the map.

P6084839 (560x420)

P6084865 (560x420)

P6084882 (560x420)

P6084906 (560x420)

P6084874 (560x420)

P6084910 (560x420)
本日の おとめゆり の写真集です。 あと5日位見られます。 ( 西会津町 安座 おとめゆり ヒメサユリ 2014/6/8)
More pictures of today's Lilium rubellums are shown above. The best time will last five more days.

P6084879 (560x420)
稀に、白色 の おとめゆり もあります。 ( 西会津町 安座 おとめゆり ヒメサユリ 白色 2014/6/8)
Rarely could I find white flower as shown above.

帰りの道端で、蝶やトンボに出会いました。 場所は、地図の☆3です。
On return route I found butterflies and a dragonfly.

P6084950 (560x420)

P6084945 (560x419)
まず、たくさんの シジミチョウ が、花に群がっていました。 ヒメシジミ です。 ( 西会津町 安座 ヒメシジミ 2014/6/8)
Many tiny butterflies were on flowers. The kind was Plebejus argus.

P6084954 (560x411)
トンボ が目の前の路面に止まりました。 調べたら、ムカシヤンマ と呼ぶそうです。 ( 西会津町 安座 ムカシヤンマ 2014/6/8)
A dragonfly stopped on the road in front of me. The kind was Tanypteryx pryeri.
おとめゆり 自然のままに 安座(あざ)に咲く 魅力は尽きぬ 蝶にトンボに

続きを読む

【2013年6月14日】 南郷スキー場 の ヒメサユリ 、宮床湿原 の ニッコウキスゲ など( June 14, 2013: Himesayuri at Nango Ski Slope, and Nikkokisuge at Miyatoko Marsh )

本日は、宿の脇の道から、南郷スキー場 を徒歩で登り、更に 宮床湿原 まで往復し、さゆり荘 に戻る。徒歩で、往復約4時間であった。
Today, I climbed up Nango Ski Slope by foot on the road beside the inn, and then walked to Miyatoko Marsh, and finally returned to Sayuriso Inn. It was four hours round trip.

P6144989 (561x421)
まず、南郷スキー場 では、写真のように、ヒメサユリ が見頃になっていました。
At Nango Ski Slope himesayuri which was Japanese name for Lilium rubellum was best to see as shown in the pictures above.
但し、6月9日、6月10日の「 ひめさゆりの丘 」の方が、規模や花の勢いがはるかに良いと感じました。この近くの高清水自然公園に、大規模な自生地がありますが、残念ながら、見頃は1週間後となり、今回はパスです。
However, those himesayuris which I viewed on June 9 and June 10 were far better than those at Nango Ski Slope. Although there was another large natural habitat of himesayuri at Takashimizu Nature Park close to here, it will take another week for best to see.

P6145081 (561x421)

P6145008 (561x420)
南郷スキー場 では、少ないながら、写真のように、ニッコウキスゲ (日光黄菅)も咲いていました。
Also at Nango Ski Slope I could find some nikkokisuges which were kind of hemerocallis with yellow flower.

P6145016 (561x421)

P6145055 (561x366)

P6145024 (561x421)
宮床湿原 は、5月14日にも訪問し、カタクリや水芭蕉が咲いていましたが、1か月後の今回は全く景色が変わっていました。まず、写真は入口や説明です。
As for Miyatoko Marsh, the view was completely different from the one I saw on May 14 with dogtooth violets and skunk cabbages which was a month ago. The pictures above show the entrance and explanation.

P6145044 (561x421)

P6145029 (561x421)

P6145051 (561x420)
最初に、ニッコウキスゲ が見頃になっていました。
First of all Nikkokisuges were in best bloom.

P6145049 (561x420)

P6145026 (561x421)
次に、背が低く花の大きい、レンゲツツジ (蓮華躑躅)もきれいに咲いていました。ヤマツツジとは異なるものです。
Next, renge azaleas which were short and had large flowers were in beautiful bloom. Those were different from wild azareas.

P6145033 (561x420)

P6145036 (561x421)
また、ワタスゲ もありました。
There were also cotton grasses.

P6145057 (561x421)

P6145058 (561x421)
最後に、宮床湿原 に行く途中の道脇に、写真のように、ピンク色の濃いタニウツギ (谷空木)がきれいでした。
Last of all, at roadside on the way to Miyatoko Marsh I found pretty pink Weigela holtensis.
Welcome! 福が満開、福のしま。
Welcome to Fukushima 2019 
Calendar (カレンダー)

10 | 2019/11 | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search (検索フォーム)
Locations (会津/中通り/浜通り 市町村別)
Keywords (キーワード別)

国指定(National)
 温泉(Hot_spring_or_Onsen)
 山(Mountain)
 湖・沼(Lakes_or_ponds)
 春の花(Spring_flowers)
 峠・トンネル(Pass_or_tunnel)
 桜(Cherry_blossoms)
 夏の花(Summer_flowers)
 歴史(History)
 鉄道(Railroad)
 自然エネルギー(Renewable_energy)
 紅葉(Autumn_leaves)
 川(River)
 雪景色(Snow_scene)
 グルメ(Tasty_food)
 天然記念物(Natural_monument)
 道の駅(Roadside_station)
 日本秘湯を守る会(Quality_Onsen)
 自転車道(Cycling_road)
 白鳥(Swans)
 夏の虫(Summer_insects)
 避難区域の回復(recovery_of_evacuation_zone)
 湿原(Marsh)
 城(Castle)
 動物(Animals)
 祭り(Festival)
 公共の宿(Public_inn)
 民芸品(Folk_art)
 駅(Railroad_station)
 会津三十三観音(Aizu_33_Kannon)
 ふくしま緑の百景(Best_100_greens)
 滝(Falls)
 イベント(Special_event)
 ヒメサユリ(Lilium_rubellum)
 海岸(Seashore)
 イベント(Cycling_event)
 日本遺産(Japan_Heritage)
 秋の花(Autumn_flowers)
 梅(Ume_blossoms)
 有料道路(Toll_road)
 芭蕉(Basho)
 皇太子妃雅子様(Crown_Princess_Masako)
 イザベラ・バード(Isabella_Bird)
 山岳観光道路(Mountain_sightseeing_road)
 山ツツジ(Wild_azalea)
 福島県ブランド(Fukushima_Brand)
 橋(Bridge)
 イべント(Special_event)
 ツツジ(Azalea)
 田んぼアート
 

Dates (月別)
Latest articles (最新記事)
Profile (プロフィール)

A man who loves Fukushima (福島大好きおじさん)

Author:A man who loves Fukushima (福島大好きおじさん)
Local guide for Fukushima (English)(福島地域通訳案内士(英語))
Member of Omotenashi Guide Fukushima
おもてなし福島通訳ガイドの会会員

しらかわ検定1級
Omotenashi Guide Fukushima 2020 Calendar
2020年おもてなし福島カレンダー
NEW!

Access counter (カウンター)
Latest comments (最新コメント)
Latest trackbacks (最新トラックバック)